Skip to main content

HOME   
 
パーマ  ¥8,000~
バリエーション豊富なパーマコースは料金や時間もずいぶんイロイロです。
基本はシャンプー~カット~パーマ~仕上げというコースになっていますが、トリートメントを追加するコースなどもオススメです。
ほんの一部分のみにかけるパーマ ¥4,000~というコースもありますので、料金も含めお気軽に相談してください。
 
 
使用する薬剤などについても、十分に吟味しています。化粧品扱いのカーリング・ローション(パーマ液と呼びません)から
アフロヘアやドレッドヘアに使用可能なエクストラハードのパーマ液まで幅広く用意しています。
そしてその中からスタイルや髪質などに一番適したものを使用しています。
 
もちろんストレートパーマや縮毛矯正などの場合も、スタイルや髪質に合わせた薬剤選定をしています。
もし万が一気に入らなかった、なんだかすぐにとれてしまった・・・というような場合は2週間の保障があります。
 
パーマってどんな仕組み?
あまり難しいと読む気なくなっちゃうから簡単に・・・
でも仕組みがわかってると今後パーマかける時もちょっと参考になるかも・・・
 
髪の毛の主成分はケラチン
アミノ酸がたくさんつながって出来てます
つながりにはいろいろな種類がありますが、つながりを一時的に切って形状を変えた状況でつなぎ直すことで髪の形状を変えることができます
パーマの場合とアイロンやコテなどの場合、操作するつながりや方法などが違うので、シャンプーで元に戻ったり・・・戻らなかったり・・・
ウェーブやカールの感じがちょっと違ったり・・・してきます
パーマの場合はジスルフィド結合(シスチン結合、S-S結合)という結合を切って毛髪の形状を変え、再結合して固定する・・・といった感じ
ストレートにする場合も基本は同じです
巻く工程がまっすぐに伸ばす工程になると考えてください
  
まずは1剤とワインディング(パーマ巻き)
シスチン結合を切ってくれるのが『パーマ1剤』です
1剤は還元反応なので『還元剤』と呼んでいる美容師さんもいます
薬剤の種類だけじゃなく濃度やその他成分の配合などでパーマのかかりにも違いがでてきたりしますので、目的や髪質に合った薬剤選びも重要になります
美容師さんが適切だと思われる薬剤を選び、使い方や塗布するタイミングなどを考えてくれるはずです
 
中間リンス(中間水洗)
 
ワインディング&薬剤塗布後、薬剤の効果がでるのをちょっと待って『1剤』を洗い流します
この時シャンプー台で流す場合とパーマ剤を使う時のような容器(アプリケーター、スポイド)を使用する場合があります
どちらが正解とかではなく、その時のパーマの工程や美容師さんの考え方などで使いわけられています
 
クリープ期
すすいだあとロッドを巻いた状態のままでしばらく時間を置く場合があります
その工程は『クリ-プ期』と言われます
日本国内では最近まであまり意識されてなかった気がしますが、ずいぶん前から重要性は言われていたようですね
そういうわけで、今までは省かれる場合も多かった工程ですが
しっかりキレイなパーマをかけたい場合に重要な工程だという事で最近は注目される事も多くなりました
そのまま放置でなく、スチーマーなどを使ったりしてより良い結果をだす工夫をする場合もあります
クリープパーマなんてネーミングしてたりします
 
2剤
一時的に切った結合をつなぎ直す工程です
ロッドに巻いたりピンを使ったり、ストレート形状にしたりした状態で髪の結合をつなぎ直す事で、変化した形状を保てるようになります
1剤の『還元』に対して2剤は『酸化』の反応です
 
他にパーマの工程の中では、必要に応じて様々な処理剤を使う場合もありすが、基本的にはこんな感じです
この基本が一番重要です
パーマ剤について法律で様々な事を取り決められていますので、とんでもないパーマ剤は存在しないはずだと思います
 
最近は従来からのパーマ剤以外にも、パーマがかかる薬剤が多数発売されるようになりました
それらは『医薬部外品』のパーマ剤に対して『化粧品』の『ヘアセット料』として作られています
『カーリング・ローション』とか『カーリング料』とかって名前で呼ばれてたりしますが、作用の仕方や仕組みこそ若干違う物もありますが
おもにシスチン結合に作用して・・・切って・・・つないで・・・というあたりは基本的には同じです
従来のパーマ剤の決まりごとの枠からはみ出すのでパーマ液って言えないわけです
パーマ液を使わずパーマをかける!なんて宣伝してるのがあったりしますね
パーマ液を使わないパーマって??という疑問を持った方もあると思いますが、そんな事情です
 
 
ストレートパーマ 縮毛矯正
 
ストレートパーマ、縮毛矯正、リラクサー・・・いろいろな呼ばれ方をするでしょうが、癖毛の人には気になる技術
なるべくダメージは少なく、キレイにストレートにしたいものです
もちろん、どんな技術も全くダメージ無しという訳にはいかないでしょう
髪の結合を切ったり、つないだりしてるんですから・・・
でも、だからこそ最小限のダメージでキレイにストレートになりたい!!ですよね
ちなみに、あまりにダメージが大きいと次回のパーマやヘアカラーにも影響が・・・
気をつけたいと思います
 
世間一般には薬剤とコーム(クシ)のみで行う場合をストレートパーマ、ストレートアイロンやブロードライ等のテクニックを使う場合を
縮毛矯正と呼んで分けている場合が多いようです
一般に縮毛矯正と言われるアイロン等使用の場合のほうが、しっかりとストレートになります